コウキ

タップダンス、ヒップホップダンス]

 

5歳より大手の児童劇団テアトルアカデミーにて演技・ダンス・殺陣を学び、ドラマやCMなど多数出演。9歳でタップダンスに出会い、10歳より本格的に始める。その後、世界的タップダンサーのHIDEBOH氏に師事。2014年、タップバトル「TAP JACK」に最年少12歳で出場し、プロを含む大人を相手にファイナリストとなる。

2015年、JTSP(日本タップダンス奨学生制度)第9期生として米国シカゴに短期留学した。2017年6月公開の水谷豊初監督映画「TAP-THE LAST SHOW-」にタップダンサー役として出演。

 

2018年1月に開催されたタップダンスコンテスト「TAP TOP」に自身のユニットで

出場し、初代TAP TOP(グランプリ)を獲得した。 

各地のイベントに多数出演し、2017年には韓国・済州島で開催された日中韓3ヶ国

合同フェスティバル「耽羅文化祭」に唯一のTAPダンサーとして出演。

2018年、北海道の命名150年記念「北海道150年オープニングイベント」に出演。

 

現在は、師であるHIDEBOH氏のヒグチダンススタジオで代講レッスンを行う他、

父であるヒダノ修一(太鼓)をはじめ、坂田おさむ(元NHK歌のお兄さん)、

鳴瀬喜博(ベース/カシオペア)、八木のぶお(ハーモニカ)、Wagane Ndiyae Rose(セネガル打楽器)、ペッカー(パーカッション)、Robson Amaral

(ブラジル・ギター)ら大物音楽家達と共演するなど、音楽的でビート感溢れるタップスタイルを武器に活躍中。

スタジオSNSはこちらから!