ヒダノ修一

太鼓、プロデューサー、作編曲家]

1989年に世界的な太鼓グループ「鼓童」研修所にて修行し、1990年にソロデビュー。1999年に起きた空前の和楽器ブーム到来の礎を築いた1人。

国内及び世界40ヶ国で2900回以上の公演を行い、21世紀の太鼓史に輝く偉業を数多く成し遂げた《道なき道を切り開く》パイオニアである。

 

2018年11月、チベット仏教の最高指導者で世界的なダライ・ラマ法王14世の御前演奏を行い、法話会の演出も手掛けた。

Stevie Wonderのアジアツアーや、世界的JAZZピアニストHerbie Hancock Allstars

に参加。国内では、ももいろクローバーZ、嵐、久石譲、TUBE、大黒摩季、ゴダイゴ

Char、タモリ、Marty Friedman、尾上菊之助、東儀秀樹、藤岡弘、天童よしみ、

May J.、坂本冬美、日野皓正、東京都交響楽団など、天文学的な数の大物アーティストと共演。「FIFAサッカーWorld Cup」は世界初の3大会のFIFA公式閉会式に出演。

 

現在、日本政府主催の国際事業には欠かせない世界トップ級の太鼓ドラマーである。

指導者としても、堂本光一、ももいろクローバーZ、TMレボリューション西川貴教、上地雄輔、ショーコスギ・・・ら多数の芸能人・アーティストや、世界中で4000人を超えるアマチュア愛好家に、笑顔一杯のレッスンで太鼓の素晴らしさを伝授し続けている。

平成18年度より、全国の中学校の音楽の教科書の編集を担当し自作曲も掲載中。

神奈川文化賞未来賞、横浜文化賞奨励賞、人間力大賞(JC)他を受賞。

http://www.hidashu.com

スタジオSNSはこちらから!